ココナッツ酵素研究会

腸こそが私たちの身体を守ってくれてる

皆さんは、よく風邪を引いたり、便秘になったり、精神的なストレスなどの体調不良で
悩まれていませんか?
偏りがちな食生活やストレスフルな現代社会の世の中。どれか1つぐらいは経験されたことがあるかと思います。
実はこれらの症状を一時的に薬で治したとしてもその根幹を治さなければ、後に癌などの大きな病気を患ってしまうかもしれないことをご存知ですか?

その根幹にあるもの。それは私たちの「第2の脳」と呼ばれている免疫器官「腸」なのです。

腸は、普段口にしている食べ物や飲み物から栄養を吸収し、血液や体質などを決定・形成しています。逆に口から体内へウイルスや細菌が侵入してくれば小腸がいち早く毒を察知し、下痢や嘔吐などを起こさせて身体の中を綺麗に掃除します。
また、その感染を防ぐために体内へ吸収せず便として排出するなど、腸は、私たちの身体を守るもっとも重要な免疫器官となっています。
事実、私たちの身体に存在している免疫細胞の約70%は腸に集中しており、それらの免疫細胞は、小腸の下部にある絨毛(無数のひだ)の間、パイエル板と呼ばれるくぼみに待機しています。

免疫力を高めるには腸が元気であることが一番です。腸内の免疫力が細菌やウイルス、がん細胞を死滅させます。

病気を未然に防ぐ
代表的な免疫細胞のマクロファージは病気の原因となる細菌を食べ、NK細胞はがん細胞を死滅させることができます。

私たちが起きている時も寝ている時も常に腸内の免疫細胞は身体を守り続け、ウイルスや細菌が侵入してきたときは、パイエル板から免疫細胞が行って闘います。
もし、腸内環境が悪いとパイエル板の機能は停滞し、免疫力は低下、風邪を引いたり・便秘・生活習慣病になるなど、様々な病気を引き起こしてしまうのです。

腸内細菌のバランスこそが健康維持の要!

先述の通り、不規則で偏った食生活を送ることで便秘を引き起こす他に、栄養バランスの悪い食事や不規則な生活、ストレスにより腸内細菌のバランスが乱れ、免疫力が低下することが分かっています。
食生活の乱れや不規則な生活で便秘などを引き起こすと、腸内に便が溜まり腸内環境が悪化。腐敗が進むことで善玉菌と悪玉菌のバランスも悪玉菌が多くなってしまい、免疫力が低下。多くの病気にかかってしまいます。

では、腸内細菌のバランスを健康な状態に保つためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、私たちが口にしている食べ物、飲み物で決まります。
腸内細菌は大腸に棲みついています。食べ物がカスとなって大腸に届いたとき、それが善玉菌になるかもしれないし、悪玉菌になるかもしれない。
つまり、善玉菌として代表的な「乳酸菌」や「ビフィズス菌」が含まれた食品を摂ることで、腸内細菌のバランスも善玉菌が優位となり健康な腸内環境へと変わっていくのです。
 この善玉菌は、ウイルスや細菌などの感染を防いだり、免疫力を高めてくれますが、脂肪分の高い肉類やファーストフード(ハンバーガーなど)、加工食品など偏った食事を摂ると悪玉菌が増殖し、腸内が腐敗、毒素や発がん性物質を発生させ、免疫力を低下させてしまいます。日本人の食生活としてふさわしい伝統的な和の食事を摂ることが腸内環境の改善に繋がります。

【腸内細菌のバランスは日和見菌に大きく作用される】よい腸内環境をつくるには、有用とも有害ともつかない日和見菌(大腸菌)を悪玉菌に転化させないよう努力しなければなりません。日和見菌は、善玉菌が優位に立っていれば善玉菌をサポートし、悪玉菌が優位に立っていれば自分も悪さをするなど、形成次第でどちらにも転びます。不規則な生活習慣や食事などを見直し、善玉菌が多い腸内環境をつくることが免疫力を高め、健康へと導いてくれるのです。

病は気から!腸内環境を整えて幸せ物質を放とう

落ち込んだ時などに「よし!頑張ろう!」とやる気や気持ちを高めるときに放出される「ドーパミン」と、やる気を感じたり、精神が安定してるときに放出される「セロトニン」
 これらの成分が不足してしまうと、うつ病やパーキンソン病を引き起こしてしまうと言われています。
そして、災害時などの極度の不安と緊張の状況下の中にいると、ストレス状態の方の腸内環境のバランスは、善玉菌が減り、悪玉菌が増加するという結果がわかっています。
 事実、長寿の方を調べていくと、ワイワイ飲んだりお話したりできる友人がいたり、よく笑ったり、無理せず自分のペースで運動をしたりと、気の持ちようで免疫の力を高め、健康な腸内環境を維持し、長生きしていることがわかっています。
腸内環境のバランスをしっかり整えながら、毎日楽しく笑いのある生活を送ることが健康への近道になることは間違いないようです。

Yahoo! JAPAN