ココナッツ酵素研究会

ココナッツ酵素飲用結果|血液検査数値の変化

【Aさん〈47歳男性〉の場合】

①【γ-GTP(AST/ALT)は、肝臓機能を示す数値】正常値は16~73(AST=10~40 ALT=5~45)。数値が高値の場合に疑われる病気はアルコール性肝障害、急性・慢性肝炎、肝臓ガン胆道、膵臓ガン、心筋梗塞。しかし、AST・ALTの数値が範囲内であればアルコール摂取が原因の場合がほとんどであるが、逆にAST・ALTともに高値の場合は注意が必要。Aさんの場合…γ-GTP・AST・ALTの数値がともに高く、肝機能が弱っている。

②【総コレステロールは、体の中の脂質を示す数値】正常値は150~219。数値が高値の場合に考えられる病気は、動脈硬化、糖尿病、甲状腺機能低下などで、生活習慣病などになりやすくなる。運動不足や食事に注意が必要。Aさんの場合…若干、高値である。血糖数値(下記)の数値も高いことから糖尿病に注意が必要である。

③【中性脂肪は体についている皮下脂肪を示す数値】正常値は50~149。上記総コレステロール値との関連が大きく、双方が高値の場合、動脈硬化、糖尿病、甲状腺機能低下、高尿酸血症などになりやすい。中性脂肪だけが高値の場合、糖尿病、甲状腺機能低下、高尿酸血症、急性膵炎などが考えられる。日本人の場合、心筋梗塞はこの数値だけが高い人が比較的多いと言われている。Aさんの場合…正常数値の2倍以上の数値を示している。

④【血糖は血液中に含まれるブドウ糖を示す数値】正常値は70~110(空腹時)。ブドウ糖は血流にのって全身の細胞にいきわたり、生命活動に必要なエネルギー源として使われる。血糖値が高値の場合に考えられる病気は糖尿病のほか、甲状腺機能亢進(こうしん)症、急性膵炎、膵臓ガンなど。Aさんの場合…正常数値より若干高値の数値である。

【Bさん〈44歳男性〉の場合】

Bさんの場合…血糖値が高かったことをきっかけにココナッツ酵素の飲用を開始。飲用85日後の血液検査で、中性脂肪・血糖ともに改善がみられた。

【Cさん〈33歳男性〉の場合】

Cさんの場合…体調不良のため受診。肝機能、腎機能、脂質とも数値が高く、ココナッツ酵素の飲用スタート。14日後に数値の改善がみられた。

血液分析(バイタルチェック)による血液検査結果(位相差顕微鏡)

■血液サンプル Dさん〈45歳男性〉

<飲用前>【血液がドロドロの状態】中性脂肪が多く、赤血球自体の形が悪く、しかも、鎖のようにつながりあっている。<ココナッツ酵素(40ml)摂取後、20分経過>【血液ドロドロの状態から、サラサラ血液に】鎖のようにつながりあっていた赤血球が、形も良くなり、しかもバラバラになっている。

■血液サンプル Eさん〈38歳男性〉

<飲用前>【血液がドロドロの状態】中性脂肪が多く、赤血球自体の形が悪く、しかも、鎖のようにつながりあっている。<ココナッツ酵素(40ml)摂取後、20分経過>【血液ドロドロの状態から、サラサラ血液に】鎖のようにつながりあっていた赤血球が、形も良くなり、しかもバラバラになっている。また、くっつきあっている赤血球に邪魔されて動きが制限されていた白血球が改善されている。

Yahoo! JAPAN