ココナッツ酵素研究会

会長・医学博士・医師 井上隆人

ココナッツ酵素研究会について


ココナッツ酵素に含まれる機能性成分
私たちの免疫・自然治癒力を高め、
がんと闘うのです。

ココナッツ酵素研究会の設立

代替医療への取り組み=治しているのは自分の身体

私は35年程前から代替医療を現代医療の現場に導入してガンの治療に挑んできた医師の一人です。
最初は自分の恩師でもある福岡大学第一外科の為末助教授(当時)が研究されていたプロポリスの抗ガン効果にひかれて、
手術と併用してガン治療に組み入れました。
もちろん患者さんにはプロポリスの情報を全て提供して、使うかどうかは
患者さん自身が決めるのですが、自分に合うと直感して積極的に使い始められる患者さんの効果の出方は抜群でした。
それからは西洋医学も大切ですが、それだけではないプラスαを探し求め、ガン、生活習慣病について効果があると
言われる機能性食品について試したり、研究したりしてきました。
その結果、私がたてた持論は「人間の身体は薬の宝庫である」そしてその扉を開ける鍵は必ず自然の中に存在する
ということです。
私の経験の中でも、ココナッツの持つ機能性成分の素晴らしさは他を圧倒し、さらに優れた成分を持つ原料を
ココナッツで発酵させたココナッツ酵素こそ「薬の宝庫を開ける鍵」ではないかと思っています。
がん(癌)や多くの症状に悩む方の代替医療の選択肢の一つとしてココナッツ酵素のことを知っていただきたいと願い、
このココナッツ酵素研究会を立ち上げました。
多くの方が、ココナッツ酵素で幸せになることを心から願っています。