ココナッツ酵素研究会

霊芝について|免疫力を高めるきのこ

メシマコブについて|

メシマコブについて

 韓国政府から抗がん剤として認定され、がん(癌)の増殖を抑える効果は、医薬品の抗がん剤と同等で、副作用の心配もないキノコ。
それが、メシマコブ(タバコウロコタケ科キコブタケ属)です。
 メシマコブは、日本原産の薬用キノコで、長崎県男女群島(だんじょぐんとう)の女島に野生株が多く見られることから命名されました。
漢方の古典「本草網目」には「桑黄(そうおう)」の名で収載され、腹痛、利尿、リンパ種などに効果があると記されています。
メシマコブは、腫瘍抑制効果が非常に大きく、抗がん作用があるといわれるキノコ類のなかでも群を抜いています。
このメシマコブの抗がん作用効果の研究にいち早く研究に取り掛かったのは、日本と同じくがん(癌)の死亡率が高い韓国でした。
韓国は、メシマコブから培養されるPL2・PL5の菌糸体が抗がん作用に最も効果が高いことから、この菌糸体を大量に培養して薬として開発することに成功しました。
韓国ではメシマコブを医薬品として認可していますが、日本では健康食品として取り扱われています。
上記でも記述しましたが、がん(癌)の増殖を抑える効果は、医薬品の抗がん剤と同等近くあるうえ、副作用の心配がありません。
抗がん剤と併用すると高い効果を現し、抗がん剤による副作用も軽減させることが報告されています。

メシマコブは免疫力を増強し、マクロファージやナチュラルキラー細胞などを活性化させて、がん細胞を抑制することが判明しています。
現在もメシマコブのがん(癌)に対しての効果について多くの研究が行われています。
抗がん剤と呼ばれるものの多くは、がん細胞に直接作用して、これを攻撃・破壊する強い効力をもっています。
しかし、がん細胞だけでなく正常細胞まで傷つけてしまうため、必ずといってよいほど副作用がともないます。実際、がん(癌)ではなく副作用が原因で死亡するケースもあるといわれ、「がん(癌)を消すのと引き換えに、命を縮める」というドクターもいます。
一方、同じ抗がん剤でも、キノコからつくられた製剤には、人間の身体に本来そなわっている免疫機能を活性化させ、間接的にがん細胞を打ち負かすという性質があると考えられています。したがって正常細胞の破壊も、それに付随する副作用もほとんどありません。

免疫力を高めるメシマコブのβグルカン含有量


Yahoo! JAPAN